こうじ酵素飲み方

こうじ酵素を効果をアップさせるのは、飲み方です。


>>こちら<<のページで、こうじ酵素の飲むタイミングについて紹介しましたが、それに加え、飲み方にひと工夫すると、さらに効果がアップする可能性があります。


ですので、このページでは、

こうじ酵素飲み方
  • こうじ酵素の働きを良くする「補酵素」を知っておこう
  • おすすめしたい飲み方は「補酵素と二人三脚で」
・・・というお話しをしたいと思います。




まず知っておこう、酵素は「補酵素」と二人三脚で働く

酵素とは、タンパク質の一種で「触媒」として働きます。


つまり、Aという物質と酵素が結合することによりAが分解されたり、酵素が仲をとり持つことでBという物質とCという物質が化合したりします。


このとき、酵素そのものは変化しません。詰まるところ酵素は他の物質に何らかの「ショック」を与えるタンパク質なのです。


さらに言えば、酵素そのものも、何らかの物質と結合しないと活動できない物質でもあります。


(酵素の中には、単体で活動できるものもありますが、そういうタイプの酵素は少数のようで、ほとんどの酵素は何らかの物質と結合することで初めて「酵素」として活動できる形になります)


この「何らかの物質」を補酵素と呼びます。


ですから、酵素は「補酵素の力を借りて二人三脚で活動するスタイル」というわけです。


ところが、私たちの体内に酵素を働かせるために必要な「補酵素」が不足していると、酵素が満足に活動できず「触媒」がすすまないのです。


酵素は私たちの体内で食べ物の消化や、代謝に関わっていますから、補酵素という「相棒」がいないことは、消化不良や代謝の低下につながるわけです。


こうじ酵素は、こういった「体内で働く酵素」をサポートするので、補酵素を充実させることは、効果のアップにつながります。


では、酵素をサポートする「補酵素」を充実させて、酵素の力を最大限に引き出すためには何をしたらよいのでしょうか?


>>こうじ酵素を見る?




こうじ酵素の効果的な飲み方
ビタミンB群を積極的に摂取する

先にもお伝えしたように、酵素は「補酵素」と二人三脚スタイルではじめて「酵素」としての力を発揮していきます。


最近の研究では、ビタミンを基にして体内で補酵素が作られることが分かっています。


特にビタミンB群は、体内のさまざまな酵素活性に必要な補酵素として機能します。


ですので、逆にビタミンB群が体内で不足すると、これらを要求する各酵素が活性を低下させてしまうので、消化や代謝の機能が低下するわけです。


このようなことから、体内酵素を強化するために、こうじ酵素に加え、ビタミンB群を含む食品を積極的に摂取するのがおすすめです。


では、ビタミンB群はどのような食品に多く含まれるのでしょうか?


実は、ビタミンB群は、ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシンとビオチン、パントテン酸という、8種類のビタミンの総称です。


下記の表はビタミンB群が多く含まれる食品を種類ごとにまとめた表になります。


ビタミンB群を多く含む食品一覧
ビタミンB1 豚肉、うなぎ、たらこ、ナッツ類
ビタミンB2 豚レバー、鶏レバー、牛レバー、うなぎ、牛乳
ビタミンB6 かつお、まぐろ、牛レバー、さんま、バナナ
ビタミンB12 牛レバー、鶏レバー、カキ、さんま、あさり、にしん
葉酸 菜の花、枝豆、ほうれん草、からし菜、レバー類
ナイアシン・ビオチン たらこ、かつお、レバー類、びんちょうマグロ、落花生、レバー類、いわし、落花生、卵、にしん
パントテン酸 レバー類、鶏もも肉、にじます、子持ちがれい、納豆


体内酵素をより強化するために、こうじ酵素に加えこれらの食品を積極的に摂取すると、とても効果的です。


ちなみに、ビタミンB群は、補酵素として働くほか、肥満の解消や防止にもとても有効です。


特にビタミンB1は、摂取したカロリーを燃焼させるための着火剤のような役割を果たします。


ですから、ビタミンが不足すると体内の脂肪がうまく燃えず、肥満の原因になってしまうというわけです。


>>こうじ酵素を見る?




こうじ酵素の効果的な飲み方
ミネラルも積極的に摂取する

体内酵素を強化するには、こうじ酵素+ビタミンB群が効果的ですが、それに「ミネラル」も加わるとより効果がアップします。


ミネラルもビタミンB群同様、補酵素として働く栄養です。


酵素の専門家たちの間では、約3,000種以上ある酵素のうち、半数ほどがミネラルを補酵素として必要とすると考えられています。


ミネラルは、私たちの体に必要不可欠な栄養素(五大栄養素)の1つであり、体内で合成されることのない栄養素です。


つまり、ミネラルは食事から摂取する必要があります。


ミネラルが多く含まれる食品はたくさんあるのですが、下記の表に代表的なものをまとめました。


ミネラルを多く含む食品一覧
カリウム 昆布、バナナ
カルシウム 牛乳、木綿豆腐、小魚
マグネシウム ワカメ、蕎麦
リン プロセスチーズ、ちりめんじゃこ
ほうれん草、ニンジン、納豆、豚レバー
亜鉛 カキ、牛肉
ココア、くるみ、レバー、豆類
マンガン 栗、レンコン
ヨウ素 焼きのり、タラ
セレン マグロ、ブリ
クロム ひじき、じゃがいも
モリブデン 豚レバー、木綿豆腐


ミネラルは、こうじ酵素とともに体内酵素をサポートする働きがあるわけですが、健康や美容のことを考えると、普段から積極的に摂りたい栄養です。


ミネラルに属するカルシウムは、骨や歯を作り、鉄は血液を作ります。


また、マグネシウムはエネルギー代謝をする上で必要不可欠な存在なため、肥満の解消や予防にも有効に働きます。


それに加え、お肌の健康や目の保護にも欠かせない栄養なので、接触的に摂取していきましょう。


>>こうじ酵素を見る?




こうじ酵素+補酵素が肥満解消や予防に効果的

これまでお話ししてきたように、こうじ酵素に加え、体内で補酵素として働くビタミンB群やミネラルを積極的に摂取するようにすると、消化や代謝機能のアップが見込めるので、ダイエットにとても効果的です。


しかし、補酵素になり得るビタミンB群やミネラルの摂取量は、食の欧米化や食習慣の変化でどんどん減少しているようです。


ミネラルの多い食品というと、多くの人が思い浮かべる「ほうれん草」の摂取量は、科学技術庁「日本食品標準成分表」のデータによると、1951年と比べると6分の1にまで減少しているようです。


ニンジンに至っては、10分の1程度まで摂取量が減少しています。


このような事実を踏まえると、そもそも現代の日本人には補酵素となる栄養が日常的に不足していると言えるのではないでしょうか?


ですから、日ごろからビタミンB群やミネラルを積極的に摂取していく必要があります。


>>公式サイトはこちら