こうじ酵素効果

こうじ酵素は体内で作られる酵素を強化することによって、ダイエット効果を高めるサプリ。


>>こうじ酵素を見てみる?


しかし、こうじ酵素がサポートする体内酵素の働きは、体温に大きく影響を受けてしまいます。


実は、低体温の人ほど酵素が活性しにくいのです。


・・・ですのでこのページでは、

こうじ酵素効果
  • 酵素の活性に体温が関係している
  • 体温を上手に上げる3つの方法
・・・について、お話ししたいと思います。




こうじ酵素の効果は体温次第?

寒い冬は特に、体が硬直してしまいます。


ですので、例えばアスリート達は、より良いパフォーマンスをするために、ウォーミングアップをおこなって体を温めてから競技に臨むのです。


体温が低いと筋肉をうまく動かすことができませんから。


これと同じように、酵素にも力を発揮できる「温度」というものがあります。


酵素はだいたい40℃くらいの温度のときにもっとも活性します。


この40℃という温度は、人間の体内温度に換算すると36.5~37℃くらいだそうです。


つまり、酵素は私たちの体温が、36.5~37くらいのときにもっとも活性するということです。

その意味で、こうじ酵素の効果も、体温が高いか低いかに左右されると言えます。


体温は、酵素の活性にも影響しますが、そもそも体温を上げること自体、肥満の改善にとても有効です。


例えば、体温が1℃上がると基礎代謝量は13~15上がると言われています。


実は、体温を1℃上げるだけで、何もせずに消費されるカロリーが、約180キロカロリーも増えるのです。


では、どのようにすれば体温を上げることができるのでしょうか?


実は、日常生活の中でちょっとしたことを実践することで、体温を簡単に上げることができるのです。


体温が上がれば、酵素も活性しやすくなりますし、同時に基礎代謝も上がるので、この両輪を回すことが、よりダイエット効果を高めるのに有効なのです。


では、体温を簡単に上げるためにできる3つのことについて、後述していきます。


>>こうじ酵素を見る?




こうじ酵素の効果アップ!体温を上げる方法
① なるべく歩くようにする

基礎体温とは、活動による体温の変化は除外し、最小限のエネルギーしか消費していないときに測定する体温のことです。


基礎体温が低い人、つまり低体温の人は、基本的に筋肉が不足している傾向があります。


筋肉(特にふくらはぎ)は心臓に次ぐ第2のポンプと言われ、血液を送り出す役割を担っています。


ですので、この筋肉量が不足していると当然、血液の循環が悪い状態になります。血行が悪いと体温は上がりません。


日常的に適度な運動をするのが、基礎体温を上げる最善の方法です。


とはいっても、忙しい日常生活の中で、運動する時間を確保するのは難しいですし、運動が苦手で尻込みしてしまう方もいるかもしれません。


しかし、ジョギングなどのハードな運動は必要ありません。


基礎代謝を上げるには、一度にたくさん運動するのではなく、少ない運動量でコツコツ継続するスタイルが効果的なのです。


ですので、通学や通勤の時にひと駅歩いてみるとか、エレベーターではなく階段を使うようにしたりしてみてはどうでしょうか?

こうじ酵素効果

地味なようですが「歩く」という運動は、血液を送り出すポンプ役を担うふくらはぎを鍛えられますので、基礎体温を上げるには非常に有効なのです。


>>こうじ酵素を見る?




こうじ酵素の効果アップ!体温を上げる方法
② お風呂につかる習慣をつける

忙しい毎日を送っていると、お風呂はシャワーだけで済ませてしまうというパターンが多いのではないでしょうか?


しかし、お風呂につかる習慣は、血行を改善し基礎体温を上げるのにとても有効です。


お風呂につかると、皮膚の毛細血管が広がり、血流が良くなります。


池に石を一つ投げれば、水のバイブレーションが池全体に波及するように、温熱作用が全身に広がって体温が上がっていくわけです。

こうじ酵素効果

また、お風呂につかることによって、体全体に水圧がかかります。


例えば、肩までお湯につかった場合、水圧でウエストが数センチ細くなるほど、お風呂に入ることでかなりの圧がかかるのです。


この適度の水圧が、足のふくらはぎを締めつけるので、下半身に溜まりがちな血液を心臓へと戻しやすくしてくれます。


こうして、血液の循環がとても良くなっていくのです。


お風呂の温熱作用や水圧は、血流を改善する効果があるため、お風呂につかる習慣をつけることで、基礎体温が上がりやすくなるのです。


>>こうじ酵素を見る?




こうじ酵素の効果アップ!体温を上げる方法
③ ときどき深呼吸をする癖をつける

意外かもしれませんが、深呼吸をすることで、基礎体温を上げることができます。


私たちはストレスを感じ、交感神経が優位になると、血管が細くなり血流が悪くなります。


そのような時には、深呼吸をするようにしてみて下さい。特にお腹に空気を入れる腹式呼吸は、血行の改善にとても有効です。

こうじ酵素効果

腹式呼吸で深呼吸をすると、肺の下にある横隔膜が上下に動くのですが、これが副交感神経を刺激するので、副交感神経が優位になり、血管が拡張されて血流が良くなります。


こうした血行の改善は、基礎体温を引き上げる形になるのです。


ですので、仕事や家事の休憩時間に屋上やベランダに出て、何度か大きく深呼吸するとよいでしょう。


これまで、基礎体温を上げる3つの方法についてお話ししてきましたが、特にダイエット目的でこうじ酵素を飲んでいる人にとっては、一石二鳥です。


なぜなら、基礎体温を上げることができれば、こうじ酵素の効果も高まりますし、基礎体温を上げることそのものがダイエット効果に繋がるからです。


加えて、基礎体温を上げることは免疫力の向上や、冷え性の改善に繋がるので、健康面にもとても良いのです。


>>公式サイトはこちら