スルスルこうそ危険

近年の日本国内のサプリメント市場は、1兆5千億円を超え、毎年増加傾向にあります。


>>スルスルこうそを見る?


その背景には、若い世代からシニア世代まで、幅広い世代の健康維持・増進思考の広まりがあるようです。


しかし、その一方で、危険な副作用が危惧されているのも事実です。

ですので、このページでは、
スルスルこうそ危険
  • スルスルこうそに危険な副作用がはあり得るのか?
  • スルスルこうその安心安全な飲み方はこれ
・・・について、お話ししたいと思います。




スルスルこうそに危険な副作用が?成分を検証してみよう

スルスルこうは穀物や野菜、野草、乳酸菌を濃縮した健康食品ですが、副作用の危険が疑われる成分がないかをチェックしてみたいと思います。


下記がスルスルこうその成分です。順番に検証してみましょう。


スルスルこうそ危険

小麦ふすま発酵エキス

小麦ふすまは、小麦の表皮の部分です。

小麦は私たちが普段から食べる食品ですので、食べることによって何らかの危険な副作用が出ることはありません

スルスルこうそ危険

野草発酵エキス

スルスルこうそには、シイタケやルイボス、人参、生姜などの80種類の野草を発酵させたものが配合されています。

これらの食材についても、私たちが普段から食べている食品ですので、危険な副作用はありません

スルスルこうそ危険

スマート乳酸菌

「スマート乳酸菌」は神戸大学の研究で発見され命名された乳酸菌ですが、この乳酸菌は苛酷な環境下でも死滅しにくいという性質があるようです。

乳酸菌についても、私たちが普段から食べている食品なので、危険な副作用はありません

ただ、乳酸菌飲料やヨーグルトを摂り過ぎると、下痢が止まらなくなったり体調を崩す人もいるのは事実です。

しかし、実は、これらの症状の直接的な原因は乳酸菌ではなく、乳酸菌飲料やヨーグルトに含まれる砂糖や脂質が原因であり、特に乳糖不耐症の人が摂取し過ぎると、下痢や体調不良を引き起こすケースがあるようです。

一方、乳酸菌は「いくら食べても良い菌」とされています。


このように、スルスルこうそに含まれる成分を紐解いてみると、危険な副作用を引き起こす要因があるとは考えにくいでしょう。


しかし、これらの食品に対してアレルギーを持っている場合は、念のためかかりつけの医師に相談するのがベストだと思います。


>>スルスルこうそを見る?




サプリの危険な副作用で死亡事例も?スルスルこうそは本当に大丈夫?

健康維持・増進思考の広がりと共に、人気が高まる「サプリメント」ですが、過去にはユーザーの死亡事例もあるのは事実です。


例えば、2017年4月29日に発行された「週刊現代」には、サプリメントの副作用が原因と思われる死亡事例が紹介されていました。

サプリメントの死亡事例
89年 アメリカで、日本のメーカーが製造した必須アミノ酸の「L-トリプトファン」を含む健康食品が原因で38人が死亡。

以来、米国でのトリプトファン製品の販売は禁止された。
03年 食欲を低下させ、基礎代謝をあげるという触れ込みで、アメリカで人気になったサプリ「エフェドラ」。

だが、03年に100人を超える死亡者と脳梗塞、心筋梗塞の副作用が報告され販売禁止に。
04年 肝硬変を患わっていた60代女性が「肝臓にいいから」と粉末ウコンを毎日服用。症状が悪化し死亡した。

日本における薬剤性肝機能障害の4分の1は、ウコンが原因とされている。
05年 ネットで購入した中国製のダイエットサプリ「天天素」を服用していた都内在住の10代女性が死亡。

分析した結果、向精神薬のマジンドール、、肥満症治療剤のシブラトミンが検出。

「週刊現代」2017年4月29日より



このように、海外や国内でサプリメントが原因でユーザーが死亡した例があるのは事実で、日本のメーカーも関わっているケースも実際にあるわけです。


ですので、海外、国内問わず、流通しているサプリは100%安心とは言い切れないという結論に至ります。

スルスルこうそ危険

ただ、スルスルこうその場合は、2013年8月から販売されているロングセラーであるということを考えると、また、前項で成分を紐解きましたが、副作用の要素が限りなく0に近いことを考えると、安心と言えるサプリの1つではないかと思われます。


しかし、安全とされるサプリでも、飲み方を間違ってしまうと、危険な副作用を引き起こすケースもあります。


>>スルスルこうそを見る?




スルスルこうそも例外ではない?サプリは飲み方に気を付けよう

スルスルこうそに含まれる成分は、野草や穀物などの食物で構成されています。


よって、私たちが普段、食事から摂取している栄養と重複してしまう部分もあるわけです。


ですから、食事と組み合わせてサプリを飲む場合、想定される栄養摂取量を超える形となり、あまりにも限度を超えてしまうと、危険な副作用が引き起こされる場合があります。


スルスルこうそ危険

例えば、ビタミンAです。


ビタミンAは目や皮膚の粘膜を健康的な状態にキープしたり、抵抗力を強化したり、上皮細胞で発ガン性物質を抑制したりすることで知られ、私たちが生きる上で必要な栄養です。


しかし、一方で、サプリメントなどでビタミンAの摂取が過剰になってしまうと、肝機能障害や頭痛、骨が弱くなるなどの症状が出ることがあります。

この例からも分かる通り、サプリメントを飲む場合は、飲み方を間違ってしまうと、栄養の過剰摂取により副作用が出る場合もあるわけです。


>>スルスルこうそを見る?




正しい飲み方で実感しよう!スルスルこうその効果

最後に忘れてはならないのが、薬との併用です。


時として、サプリメントと薬の併用が危険な副作用に繋がる場合も否定できません。

スルスルこうそ危険

例えば、「ワルファリン」という薬です。


通常、血液が固まるには、ビタミンKが必要なのですが、ワルファリンはビタミンKの働きを妨げるわけです。


それにより、ワルファリンは血液をサラサラにして、凝固しにくくし、血栓が作られてしまうのを防ぎます。


ところが、ビタミンKをサプリメントで摂取してしまうと、ワルファリンの効果が弱くなります。


その結果「ワルファリンが効かない」という事態に繋がるわけです。


ですので、もし、現段階で何らかの薬を服用しているならば、サプリの成分が薬の邪魔をしないかどうかを、事前にかかりつけの医師に相談することをおすすめします。


これまでのお話しで、2つのポイントをお伝えしました。
スルスルこうそ危険
  • サプリメントの飲む目安をしっかり守ろう
  • 薬と併用する場合は、事前に医師に相談しよう
この2つに気を付けることによって、スルスルこうそを安心安全に活用していきましょう。


>>公式サイトはこちら