スルスルこうそ効果

ダイエット効果を期待して購入されることが多い「スルスルこうそ」。


>>スルスルこうそを見る?


しかし、スルスルこうそはその働きから、不安や緊張の緩和に貢献することも考えられます。 このページでは、

スルスルこうそ効果
スルスルこうそが不安や緊張の緩和に貢献する理由
・・・についてお話ししたいと思います。




「不安定な精神状態」根本的な原因は脳内のセロトニンの不足

私たちは生きている限り、不安を感じたり、焦燥感にかられたり、動揺したりするなど、時として精神不安定になることは避けられません。


スルスルこうそ効果

しかし、こうした症状にはかなり個人差があります。


周りを見回してみると、精神不安になりがちな人、そうでない人がいるのではないでしょうか?


もちろん、もともと持ち合わせている性格や、置かれている環境が違うゆえの個人差もあるのですが、人間の精神状態は脳内で分泌される、下記の3つの神経伝達物質に左右されるところが大きいのです。


(神経伝達物質とは、神経細胞間で興奮や抑制を伝達する物質のことです)

① ドーパミン
ドーパミンは人に褒められたり、何かを達成したりしたときに分泌される神経伝達物質。

しかし、過剰に分泌されると攻撃的になったり、幻覚症状やギャンブルなどへの依存症を引き起こしたりします。
② ノルアドレナリン
ノルアドレナリンは恐怖や身の危険を感じたリするときに分泌される神経伝達物質で、身体を興奮させます。

要するに、精神状態を戦闘モードに突入させる神経伝達物質です。
③ セロトニン
セロトニンは別名「幸せホルモン(厳密にはホルモンではないが、ホルモンに似た働きをするため、このように呼ばれる)」と呼ばれる神経伝達物質。

精神的な安定をもたらす。

私たちの脳内では、外部からの刺激に応じて上記3つの信号(神経伝達物質)が行き交っているわけですが、これらがバランスよく分泌されることによって、安定した精神状態が作られます。


例えばドーパミンやノルアドレナリンは、攻撃性や不安定性のある神経伝達物質です。


しかし、これらとは真逆の性質を持つ「セロトニン」が脳内に分泌されると、興奮状態にストップがかかり、冷静さを取り戻せるわけです。


いわば、セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンが暴走するのを食い止める役割を担っている精神安定剤なのです。
スルスルこうそ効果
つまり、セロトニンが不足すると精神不安定になる
・・・ということです。


>>スルスルこうそを見る?




セロトニンと腸の意外な関係とスルスルこうその効果

精神安定をもたらすセロトニンですが、実は、脳および腸で産生されます。


この2つの「セロトニン工場」のうち、私たちの精神状態に大きく影響するのは、脳内で作られるセロトニンです。

セロトニンの原料となるのは、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸なのですが、これは私たちの体内で作ることができないアミノ酸です。


つまり「セロトニンの原料トリプトファン」は、食事によって体外から摂らざるを得ないアミノ酸ということです。

スルスルこうそ効果

トリプトファンが豊富に含まれる食材は、鶏ムネ肉、豚ロース肉、牛レバー、などの肉類や、マグロの赤身、カツオなどの魚類、豆乳などの豆・乳製品です。


これらを材料にして、私たちの体内でトリプトファンが作られ、さらにそれをまた材料にしてセロトニンが作られていきます。


ですから、腸は「セロトニン製造」に必要な材料を調達する「仕入れ役」を担っているため、腸内環境の良し悪しがセロトニンの生産量に影響するということになります。
スルスルこうそ効果
つまり、便秘などで腸内が荒れている状態だと、腸に運ばれてきた栄養の合成や吸収が阻害されるので、セロトニンの材料となるトリプトファンの調達量も減少してしまうわけです。
このようなわけで、腸内環境はセロトニンの生産量を左右するのです。


さらに、腸内環境は直接、脳内のセロトニン量にも大きく影響を与えます。

腸内環境と脳内で作られるセロトニンの関係性については、まだ解明されていないことも多いのですが、2013年にアメリカで行われた研究によると、腸内環境が良い(善玉菌が多い)状態だと、脳内のセロトニン量もつられて増加することが証明されています。


少なくとも、腸内のセロトニンと、脳内のセロトニンには因果関係があり、良い腸内環境が脳内のセロトニン分泌を後押しすることは間違いないのです。


・・・ということは腸内環境をどれだけ良い状態にできるかどうかが、私たちの精神的健康のカギとなります。

スルスルこうそは、食べ物の消化をサポートする食物酵素や乳酸菌が濃縮されているサプリです。


つまり、スルスルこうそは腸内環境をより良くするために作られているので、そういった側面から精神安定に貢献すると言えるわけです。


この点について、詳しく後述していきたいと思います。


>>スルスルこうそを見る?




スルスルこうそが健康な精神づくりに貢献する理由①
酵素が腸内環境の改善に役立つから

私たちの体内では必要に応じて随時、食べ物を消化するための消化酵素が分泌されます。


口に食べ物を入れると、唾液腺からアミラーゼと呼ばれる消化酵素が分泌されます。


その後、胃に運ばれると胃内でプロテアーゼと呼ばれる消化酵素が分泌されます。


このように随所で分泌される消化酵素は、硬い食べ物をドロドロに分解し、柔らかくするので腸への負担を軽減し、腸内環境を悪化させる悪玉菌の繁殖を防ぐことになります。

なぜなら、悪玉菌は消化不良の食べカスを食べて繁殖するからです。


しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、酵素の分泌量は減少してしまいます。


それに加え、食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、ストレスなどによっても酵素の分泌量は減少するのです。

スルスルこうそ効果

私たちが体内で生産できる酵素と同じものを体外から摂り入れることは残念ながらできません。


しかし、スルスルこうそに含まれる「食物性の酵素」は、私たちの体内で生産される消化酵素と同様の働きをしてくれるわけです。


その結果、腸内の悪玉菌の増殖の抑制になり、腸内環境が良い状態に保たれるということです。


>>スルスルこうそを見る?




スルスルこうそが健康な精神づくりに貢献する理由②
乳酸菌が腸内環境の改善に役立つから

腸内環境が良いとは、腸内菌のバランスが取れているということです。


腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つの菌が常在しているのですが、これら3つの菌の比率が3:1:6の状態がベストなバランスと言われています。


しかし、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどが悪玉菌の増殖を引き起こすと、この比率が崩れるわけです。


その場合、腸内菌の比率を手っ取り早くベストに戻すには、善玉菌を体外から直接摂り入れるのが有効です。
スルスルこうそ効果

スルスルこうそ1粒に含まれる乳酸菌(善玉菌)はヨーグルト5個分に相当するようですので、効率よく腸内の善玉菌を増やすことができるわけです。


このような側面からも、スルスルこうそは腸内環境の改善に有効です。


これまでのお話しとまとめると・・・
スルスルこうそ効果
  • 私たちの精神安定にはセロトニンが必要
  • 腸内環境が悪いと脳内で作られるセロトニンの生産量が落ちるので、腸内環境を良い状態に保つ必要がある
  • 腸内環境を良くするには、スルスルこうその「酵素」と「乳酸菌」が効果的
ということになります。


もちろん、スルスルこうそは精神安定剤ではありません。


しかし、これまでのお話しでお分かりいただけたように、スルスルこうそは、腸内環境の改善に有効なことから、健康な精神づくりに必要な要素ともなり得るわけです。


>>公式サイトはこちら