スルスルこうそ効果なし

スルスルこうそをダイエットに上手に利用するからには「効果なし」では終わりたくない。


>>スルスルこうそを見る?


ですので、より確実に効果を実感するためにも、肥満因子をこの機会に洗い出して、排除してしまうことをおすすめします。


このページでは、

スルスルこうそ効果なし
スルスルこうそ「効果なし」で終わらせないためにおすすめしたい睡眠習慣はこれ
・・・というテーマについてお話ししたいと思います。




スルスルこうそ「効果なし」を引き寄せてしまう「慢性的な睡眠不足」

スルスルこうそは、肥満の解消や、肥満の抑制をサポートするサプリ。


ですので、「肥満」を招く因子はすべてスルスルこうその足を引っ張ることになるということになります。

肥満を招く因子は数多くありますが、その中でも自覚しにくく、それでいて最も大きな要因としてあげられるのが、実は「慢性的な睡眠不足」なのです。


睡眠時間と肥満の関係性については、これまでたくさんの研究が行われてきたのですが、代表的なものとして、米国のコロンビア大学の研究結果を紹介したいと思います。


この研究は、32~59歳の男女1万8千人のデータを収集し、睡眠時間と肥満の関係性を検証したというものです。


その結果、下記の表の通り、睡眠時間が少ない人ほど肥満になりやすい傾向があることが判明しました。

睡眠時間 肥満になる確率
4時間以下 73%
5時間 50%
6時間 23%

このデータからも分かる通り、睡眠時間が4時間以下の人は、十分睡眠を取っている人と比較すると、太る確率が73%も高いということになります。


では、なぜ睡眠時間が短いと太る確率がグンと上がってしまうのでしょうか?


>>スルスルこうそを見る?




睡眠不足がなぜ肥満を招くのか?原因は2つのホルモン

睡眠不足が肥満を引き起こすのは、食欲に関係性のあるつのホルモンのバランスが崩れるからです。

スルスルこうそ効果なし
①グレリン
(食欲を増大させるホルモン)
グレリンは胃で産生されるホルモンで血液中に放出されます。そうすると脳がそれを察知して食欲を増大させます。

実は、睡眠不足になればなるほど、この「グレリン」というホルモンの血中濃度が高くなります。


これにより、私たちは食欲が増大してしまうわけです。


下記の表は、グレリンの分泌量と睡眠時間の関係性をまとめたものです。

スルスルこうそ効果なし


この表を見て分かる通り、睡眠時間が短いほど、グレリン濃度が高い(食欲が増大する)ことが分かります。

さらに、グレリンは単に食欲を増大させるだけではありません。


グレリンは本来、空腹の状態を脳に知らせ、飢餓状態になるのを防ぐために分泌されるホルモンなので、グレリンが分泌されると、どうしてもカロリーの高い食べ物を私たちは欲してしまうようになるそうです。


スルスルこうそ効果なし


これは人間本来の機能としてはすばらしいのですが、ダイエットに取り組んでいる人にとっては歓迎できません。




そして、肥満を引き起こす2つ目のホルモンは「レプチン」です。
スルスルこうそ効果なし
②レプチン
(食欲をストップさせるホルモン)
レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、これも血中に放出され、脳がそれを察知すると食欲にブレーキがかかります。

これに関しても、下記の表を見て下さい。睡眠不足になればなるほど、レプチンの血中濃度が低いことが分かります。


スルスルこうそ効果なし


睡眠時間が少ないほど、食欲のブレーキが効いていないのが分かると思います。


まとめると、睡眠不足は下記の2つを招いてしまうわけです。
スルスルこうそ効果なし
  • 「グレリン」が増えて食欲が増大してしまう
  • 「レプチン」が減って食欲が止まらなくなる
・・・この2つは私たちを脅かす大きな肥満因子です。


>>スルスルこうそを見る?




スルスルこうそを「効果なし」で終わらせないために
① 睡眠時間を確保する

これまでのお話しで、睡眠時間が減ってしまうと食欲をコントロールするホルモンが正常に働かなくなることがお分かりいただけたのではないでしょうか?


食欲をコントロールできない状態では、痩せることは難しいでしょう。


ですので、睡眠時間を確保することは、肥満を引き寄せないための必須条件ということになります。

加えて、十分な睡眠時間を確保すべき理由は、もう1つあります。


私たちが寝ている間にも、知らず知らずのうちに、脂肪が燃焼されているのをご存知でしょうか?


これには「成長ホルモン」が関わっています。


この「成長ホルモン」は、脳の下垂体前葉と呼ばれる部分から分泌されるのですが、基本的には睡眠中にしか分泌されないのです。


(運動した直後にも、少量分泌される場合もあります)


成長ホルモンは、基本的に私たちが寝ている間に、日頃から蓄えてきた脂肪を燃やすことによって、体を成長させたり、疲労を回復させたり、お肌の細胞を生まれ変わらせたりします。


ですので、成長ホルモンが働いている間は、私たちが知らない間にダイエットできているというわけです。

私たちの睡眠は90分毎に深くなったり(ノンレム睡眠)、浅くなったり(レム睡眠)するのですが、成長ホルモンが分泌されるタイミングは、深い眠りのときです。
スルスルこうそ効果なし
ですので、深い睡眠(ノンレム睡眠)の周期が多くまわって来る分だけ、成長ホルモンが分泌されるチャンスが多くなるというわけです。
このようなことから、睡眠時間を確保することは脂肪の燃焼(ダイエット)に繋がると言えます。


>>スルスルこうそを見る?




スルスルこうそを「効果なし」で終わらせないために
② 夜9時以降は食べるのを控えよう

寝ている間に脂肪を燃焼してくれる、歓迎すべき「成長ホルモン」ですが、夜9時以降に何かを食べてしまうと、ダイエット効果が弱まってしまいます。


前項で説明した通り、成長ホルモンは「私たちが日頃から蓄えてきた脂肪」を燃焼するわけです。


しかし、夜9時以降に食べた物のほとんどは脂肪として蓄積されてしまいます。

要するに、せっかく成長ホルモンの働きによって脂肪が燃焼されても、夜9時以降に食べることによって、燃焼されるより蓄積される脂肪の方が多くなってしまうのです。


このような理由で、夜9時以降は食べるのを控えることをおすすめします。


これまで、私たちが気づきにくい肥満因子「睡眠不足」についてお話ししてきましたが、このような「肥満因子」をどんどん減らしていくことが、スルスルこうその効果を引き立てることにも繋がるのです。


>>公式サイトはこちら