スルスルこうそ効果なし

あなたは下痢や便秘になりやすかったり、低体温・低血圧だったりするでしょうか?


>>スルスルこうそを見る?


あくまで目安ですが、もし当てはまるのであれば、内蔵型冷え性かもしれません。


内蔵型冷え性の場合は、スルスルこうその使用しはじめの時期は特に、効果を感じにくいと思います。


ですので、このページでは、

スルスルこうそ効果なし
  • 「スルスルこうそ」効果ない原因になり得る「内臓型冷え性」とは?
  • 内臓型冷え性を改善してスルスルこうその効果をアップさせる方法
・・・について、お話ししたいと思います。




「スルスルこうそ効果ない」を引き起こす内臓型冷え性とは?

現代の日本人は食生活の変化や生活環境の変化により、低体温化がどんどん進んでおり、ここ50年間で平均体温が1℃以上も低下していると言われています。


しかし、こうした「体の冷え」は体の深部にも起こっています。


ある調査によると、日本人女性の7割以上が手足の冷え症に悩まされているそうですが、このページで取り上げる「内蔵型冷え性」とは手足ではなく、内蔵が冷え性を起こしている症状です。


内臓型冷え性は手足の冷え性と同様、血行不良が原因となり、血液が隅々まで届かないせいで、内臓が冷えてしまい機能が低下するというもので、下記が典型的な症状です。


もし5つ以上当てはまるなら、あなたは内臓型冷え性の可能性が非常に高いと考えて下さい。


内蔵型冷え性チェックリスト


昔から「冷えは万病の元」と言われていますが、例えば腸が冷えると便秘や下痢、免疫力の低下を招きますし、腎臓が冷えると膀胱炎になったり、胃が冷えると胃もたれになります。


そこまで発展しないまでも、スルスルこうそのユーザーにとっては歓迎できない「内蔵型冷え症」。


なぜなら、スルスルこうそに含まれる酵素や善玉菌は、消化器官内の温度が低いと元気に働いてくれないからです。


そのようなわけで、内蔵型冷え性が疑わしい場合は、内蔵を上手に温める方法を学んで、スルスルこうそが働きやすい環境を作ることをおすすめします。


>>スルスルこうそを見る?




内臓型冷え症の原因を知り、解消していこう

では、どんなことが引き金となって内蔵型冷え症が起こってしまうのでしょうか?


内蔵型冷え性は、食生活や生活習慣が大きく影響しているようですが、ここでは、内蔵型冷え性の引き金となり得る3つの要因を紹介します。